interior work service Y,s ART

Home maintenance 壁紙などのお手入れの仕方など


クロス(壁紙)


普段のお手入れは、固く絞ったタオルなどで水拭きする程度で大丈夫です。
また、飲食物や調味料などを壁紙に付着させた場合は、同様に水拭きするか、もしくは、中性洗剤を使用して完全に拭きあげて下さい。
ブラシなどをご使用の場合は、強くこすりすぎないように必ず注意してください。破損の原因になります。

また、タバコの煙やキッチンからの油煙は、壁紙を短期間で変色させてしまい、汚れもとれません。
必ず換気をするように心がけて下さい。

家具等は壁面に密着させないようにしましょう。
家具の塗料やベニヤに含まれる色素により変色をおこす場合があります。
また、隙間を空けることによって、結露の防止にもなります。

壁紙の部分剥がれの補修は、市販の木工用水性接着剤などを使い、十分に圧着し、はみ出た糊はすみやかに除去して下さい。

クッションフロア・フロアタイル


普段のお手入れは硬く絞ったモップか雑巾での水拭きで十分です。
汚れのひどい場合は、中性洗剤を薄く溶かしたものを使い、さらに水拭きで仕上げて下さい。
定期的にワックスを掛けることにより、汚れの防止や美しさを保てます。

カーペット・タイルカーペット


普段のお手入れは掃除機で定期的に掃除するように心がけてください。ダニ等の発生を防止する事に繋がります。
汚れがある場合は、中性洗剤などをご使用の上、たたくように拭き取り、その後は洗剤を残さないように硬く絞ったタオルなどで水拭きして下さい。
また、汚れが付着した場合は速やかに除去して下さい。時間が経過するほど、除去が困難になります。

カーテン・ブラインド・ロールスクリーン


カーテンの汚れの原因は空気中のほこりやタバコのヤニ、キッチンの油煙などが主な原因です。
厚手のドレープカーテンは、1週間に 1回程度はブラシなどでほこりを払い取って下さい。
カーテンは、直射日光の当たる場所にあり、風も当たるために生地の傷みも激しく、ほこりで変色しやすいので、半年〜1年に1回程度、洗濯やクリーニングをなさって下さい。(ご自宅で洗濯する場合は、可能な商品かどうかを必ず確認して下さい)

フローリング


普段は乾いたモップや雑巾でのから拭きで十分です。から拭きによって掃除機では取りにくいホコリやゴミが取れ、床の美しいツヤを保つことができます。
また化学モップを使う時は、ドライタイプのご使用をおすすめします。
から拭きでは落ちない汚れは、雑巾を濡らし、固く絞ってから拭き取ります。また中性洗剤などは汚れに応じてご使用して下さい。
また、汚れの防止や美しさを保つ為に、定期的なワックス掛けをおすすめします。